青海のブログ

本や映画、展覧会の記録と感想等。時々、発達障害について。

能登金剛遊覧船支援のクラウドファンディング、陰徳について

本来なら、今月初めのGW名古屋旅行の続きの記事を上げたいところですが…

ちょっと一休みして…「能登半島地震」で被害を受けた、「能登金剛遊覧船有限会社」の支援についての記事をアップします。

 

巌門(2023年夏。能登金剛遊覧船に乗船したとき)

 

↓参加しております。よろしかったらご支援お願いします。

camp-fire.jp

 

募集終了まで残り9日です!

 

今年の正月早々の能登半島地震とその被害については、心穏やかではいられませんでした。昨年夏に石川県(羽咋志賀町・金沢エリア)を旅したからです。

 

能登金剛遊覧船を利用した記事はこちら

aoumiwatatsumi.hatenablog.com

 

石川県羽咋郡志賀町海岸線一帯の29キロが「能登金剛」と呼ばれる石川県を代表する景勝地です。
「巌門」は「能登金剛」のほぼ中央に位置し、南端には「福浦港」、北端には「義経の舟隠し」ゼロの焦点のクライマックスシーンで知られる「ヤセの断崖」を観る事ができます。

能登金剛遊覧船 公式ウェブサイト より引用)

 

この旅で、能登金剛遊覧船で美しい能登国定公園の海をクルーズしましたが、先の地震の被害状況を聞いて、微力ながら応援したい、と思いしました。

 

美しい能登金剛の海。手前に見えるのが遊覧船

 

支援した後、その旨x(旧:twitter)にてURLと共につぶやきました。私の影響力なんて(このブログ共々)微々たるものですけれど。

 

人間ができた方なら、黙って困窮した人々の支援をして、ひけらかさないでしょう。こういう人目に触れない形で奥ゆかしく徳を積むことを「陰徳」と言い、その逆を「陽徳」と言うそうです。陰徳の方が、徳を積む意味ではレベルが高いそうです。

 

となると、どこそこに寄付したよ~ん(大した額ではないですが)とその都度言っている私は大した徳を積めていないかもしれませんね。でも良いんです。

だって、私の在り方が陽徳だろうが陰徳だろうが、必要としている相手へ支援が届くことは確かなのですから。渡す金額が減る訳ではない。

 

見返りを求めない?

 

決してそんなことはなくて、誰かを助けるための支出は、結局自分のためです。困っている人々に、私は自分自身を投影しているのではないかと思っています(例えば、若い頃の仕事が定まらず困窮していた自分、とか)。

 

海が澄んでいて、岩場は荒々しく…

 

後はですね…私は俗物なので、極限状況に置かれたら、「この世は荒野なんだよヒャッハーッ!」と簡単に弱っている人を踏みつけて自分が助かろうとするだろう…そう思っています。それを見越して、そういう時が来ても罪を大目に見てね(人>ω•*)…というようなせこさもあるかと。

 

そう言えば、以前SNSで「陰徳を積んでいるとリターンも高い(良いことが起きるよ)」と説いている占い師だかスピリチュアルな人だかがいましたが、なんだかモヤモヤしました。「あざといなあ、それってもう陰徳じゃないのでは?」と。

 

結果的に困った人たちの支援につながれば良いのでしょうが、こういうこと言っていて・かつ”自覚が無い”人とはあまり関わりたくないな~とうっすら感じたものです。

 

花畑~

 

それでは、また!